KYOTO OKAZAKI WEDDING
QUATRE C VICEO

2021.03.28

桜🌸さくらの時期に結婚式は、縁起がいい?良くない?

こんにちは!

さくらの時期がきましたね、程よい暖かさになってきました。
今回はさくらの時期にまつわる話をしたいと思います。

春に咲き、ピンク色でかわいらしい花、ウエディングフラワーに使われ、日本人は知らない人は居ないぐらい有名なさくら。
そんなさくらが、結婚式に使うと縁起がいい?良くない?かをお教えします。

まず、さくらが縁起が悪いという説は、昔からの言い伝えがあるので本当です。

理由としては、パっと咲いて散ってしまうので、縁起がが悪いと言われていました。
また、さくらの花びらは種類によって散るとき、色あせるということから〔心変わり〕を意味するとして結婚式では使われなかったそうです。

その後、江戸中期ぐらいから、(さくら咲く、めでたい)という意味になったそうです。
さくらに塩漬けしたものをお湯に注いで飲む「桜茶」
結婚式はもちろんおめでたい時に頂く飲み物です。

見た目が美しいのも、縁起物として扱われる理由にあるそうです。

さくらの季節は、めでたいことや春の出会いとも言います。
祝い事では煎茶はタブー、結婚式のようなお祝いの場では桜茶が、関西では昆布茶が飲まれるそうです。

いかかでしたか?
さくらは昔は縁起が悪いとの話でしたが、今は縁起がいいとのことです。
今が満開の時期ですので、結婚式を挙げようとお考えの方はさくらの時期がおすすめです!

ブライダルフェア

最近の記事